Posted on 2014.09.24

投稿ぶーしーず 投稿 其の四

お山の国際現代美術館

お山の国際現代美術館

山奥に現代アート!? 半信半疑で山道に車を走らせると
「美術館」の文字が現れた。


竹内光仁 館長

 無数の手形がついた巨大な門をくぐると、まるで別世界。角材や酒瓶、ボーリングのピンを集積したオブジェに、頭上を走る自転車。奇想天外な空間に息をのんだ。

 館長の武内光仁さん(67)は、「前衛土佐派」の濱口富治氏に15歳で師事し、精力的に作品を生み出し、県展洋画部門は無鑑査の芸術家。地元にアトリエを建てたところ作品が増え、美術館にした。野外には自ら玉石220トンを積んだ作品や300m以上ある遊歩道を造り、増築を繰り返す。お山の美術館は、なんとも凄まじいエネルギーを放っている。
 作品の中でライブができると評判が立ち、若い人が訪ねてくることも。「大きな夢が持ちにくい現代で、一所懸命な彼らの世界に共鳴した」と武内さん。ここは表現を続ける者たちの秘密のスポットにもなっている。


迫力ある作品!実際に観ると、もっとすごいよー!

クリックして大きいサイズでご覧下さい。


美術館展示写真





白木谷国際現代美術館
高知県南国市白木谷36 088-862-3513 入場500円(コーヒー付) 水曜定休


カーナビ等でルート検索してね!
  • share
  • tweet

Tag

トップページへ