Posted on 2013.01.24

戦国元親くん

第1話 元親誕生

群雄が割拠する戦国時代にあって「戦国を超えた男」長宗我部元親は、いかに「土佐」を形づくっていったのか、初めて四国が一つになった時をどう成し遂げていったのか……。物語は、元親の父・国親の幼少時代にさかのぼる。

①戦国時代初期、長宗我部氏の支配は大きいものではなく、周りの領主に攻められていた。


空白区切り

②中村・一条家へ家来と2人で逃げ延びる千雄丸(元親の父)


空白区切り

③元秀自らは敵と戦い自刃ついに岡豊城は落城した


空白区切り

④千雄丸は一条家で愛情込めて養育された


空白区切り

⑤ある納涼の宴会の席、3mもあろうかという高さから飛び降りた


空白区切り

⑥10年ぶりに戻り、城の修復に取り掛かる国親の下に、多くの家来が戻ってきた



「現代語訳 土佐物語━四国の勇士の戦国記━」中島重勝 妙訳(南の風社刊)より 画:マツモトナツミ

  • share
  • tweet

Tag

トップページへ