Posted on 2016.07.12

イベントレポート

海うみ展に行ってきた!

高知に縁のあるアーティストが「海」を表現! もりたうつわ製作所で開催中(2016年6月30日~7月18日まで)の「海うみ展」に行ってきた。

Tag

  • あだたんNEWS
  • クラフト
  • アート
  • イベント
  • share
  • tweet
海うみ展・会場

雨のち、晴れのち、曇りがち……な今日この頃。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

とさぶし9号で紹介した味噌つぼの作者の森田さんから、なにやら楽しげな展覧会のお知らせがありました。


6月30日(木)より、もりたうつわ製作所内ギャラリーにて企画展【海うみ展】を開催します。高知県は海に面する土地で、海からの恵みを沢山受けています。おいしい海、たのしい海、かなしい海、おこっている海、やさしい海、おしゃべりな海。365日いろいろな表情を見せてくれる海は私達と切っても切れない存在です。そんな海を高知にゆかりのある10名の作家を通して新たな感覚で楽しんでもらう展覧会です。
参加作家 (敬称略)
かわぞえうどう/川原将太/柴田ケイコ/下尾仁/関川恵/武内忠昭/デハラユキノリ/なかひらじゅんこ/フフフ~ン部シンイチ/結城琴乃 
(もりたうつわ製作所より)

アーティストが「海」をテーマに自由に表現!

百聞は一見にしかず! てなことでさっそく会場のもりたうつわ製作所(土佐市新居)に向かいました。
大きな倉庫を改装した会場は、天井が高くて、ゆったり。

さぁ、どの作品から?見渡すと、目に飛び込んできました・・・、

ぎえー。超リアルでデカい、ウツボ!


下尾仁作のウツボ! 

買った人は一体どこに飾るのでしょうか? 玄関? 床の間?

他にも、こんなウツボや、あんなアナゴ。
なかひらじゅんこさんの作品は、きもかわ度ナンバー1です。


なかひらじゅんこ作ウツボ皿


なかひらじゅんこ作の「チンアニャーゴ」

今や世界で活躍するデハラユキノリさんの作品もありました。
ムラムラ感というか、ギリギリ感が溢れています。


デハラユキノリ作の顔。


デハラユキノリ作の浜の皿。

ちなみに、おとど(桂浜水族館公認キャラ)は非売品だそうです。残念!


主催の森田さんによると、
今回の陶器の作品はデハラさんがこのギャラリーにやってきて、ほぼ丸2日で全ての作品を生み出したとのこと。
どんなテンションで産みだしたのか……、制作現場を覗いてみたいような、みたくないような。

他にも、こんな作品、あんな作品。「海」からインスパイアされた作品がたくさんあります。


蛍光カラーな高知の夏とか


木とガラスの繊細な世界とか


ものすごく個性的な壺とか

展覧会は眺めて楽しいだけでなく、「買える」のも楽しみの一つ。
マグカップや箸置きなど、お土産感覚で買える作品もありましたよー。

とさぶし編集部Mの勝手なおすすめは・・・!


ジャン! 下尾仁さんの木彫りのブローチ!

ありそでなかった、木彫りです。北海道のお土産にありそうな感じ。
このシーマンみたいな魚のゆる~い表情。なんとも言えませんっ!

そんなわけで、18日(月)海の日までの「海うみ展」。ぜひ遊びに行ってくださいね~。

【海うみ展】
期間 6月30日(木)~7月18日(月祝)会期中無休
11:00~16:00(最終日15:00まで)


もりたうつわ製作所はこちら。
トンネルの南出口のすぐ東です。

もりたうつわ製作所
ギャラリー営業日 木曜〜土曜日
時間  11:00〜16:00
住所  高知県土佐市新居1945−8
電話  088-855-3792
MAIL moritautsuwa@gmail.com
WEB  http://moritautsuwa.com/

Posted on 2016.07.12

writer:宮脇綾子

  • share
  • tweet
トップページへ