Posted on 2015.12.18

特派員コラム

香我美・山北みかん大福

ごめん・なはり線と沿線カルチャー 第4話 

Tag

  • あだたんNEWS
  • 風景
  • 地域
  • おやつ
  • share
  • tweet

山北みかんまるごと!酸味と甘みがちょうどな大福


山北みかん大福

インターネットで「高知県 みかん」と検索すると上位をしめるキーワード「山北みかん」。産地に近い安芸市生まれの私にとって冬に食べる「みかん=山北みかん」であり、高知県では(たぶん)名前を知らない人がいないくらいメジャーなブランドみかんです。品種は温州みかんで、皮が柔らかくて甘みも強く、コクのある果汁がいい感じ。山北みかんの産地の香南市香我美町では、今露地物が旬を迎えていて1月頃まで楽しめます。

その山北みかんを贅沢に使った大福を作っているのが、香我美駅から徒歩約5分のところにある「夢菓房 武市神栄堂」です。明治時代創業の老舗菓子店で、創業以来作り続けられている手焼き煎餅「君が代」のほかに、わらび餅や団子などの和菓子、和三盆プリン、ゼリーなどの現代アレンジの商品も並んでいます。こちらのお店の「いちご大福」も人気なのですが、2013年に登場以来話題を集めているのが「山北みかん大福」です。

3Sサイズの山北みかんがまるごと入っていて、みかんと白あん、ぎゅうひもちの味のバランスがちょうどになるよう試行錯誤して完成した一品。販売期間は、6月~1月末までで、その時期に一番美味しい山北みかんを使っているそう。ジューシーな果汁と、やさしい白あんのハーモニーをぜひ楽しんでいただきたいです。

また、今年9月、情報バラエティ番組「にじいろジーン」でも、この「山北みかん大福」が取り上げられて注目が集まり、大福を求めてお客さんが増加中だそうなので、タイムリーな話題として訪ねてみるのもありですよ。今年度の販売も後少し!ぜひ足を運んでみてください。


2015年12月上旬に香南市香我美町山北で撮影。たわわに実る山北みかんがおいしそー!旬ですね。

 

夢菓房 武市神栄堂
香南市香我美町岸本197-7
営業時間:8:30~18:00
定休日:水曜
お問い合わせ:TEL 0887-54-3377

 



【連載】ごめん・なはり線沿線カルチャー Back Number

[第1回]海の絶景が自慢のローカル線

[第2回]田野駅屋の玉子巻き寿司

[第3回]絵金とレトロな町並み・赤岡

 

 

Posted on 2015.12.18

writer:仙頭杏美

  • share
  • tweet
トップページへ