Posted on 2015.11.02

とさぶし・イン・レジデンス

須崎お宝発掘団 part 2

須崎に滞在する新進気鋭のアーティストと、須崎の町を歩いてみた。

Tag

  • あだたんNEWS
  • ライフスタイル
  • 地域
  • アート
  • クラフト
  • デザイン
  • 風景
  • share
  • tweet

須崎のとさぶし特派員・ホゲット氏の案内のもと、須崎アーティストインレジデンスに参加するアーティストの臼井良平氏、写真家の森本美絵氏と共に、須崎の町へと繰り出した一行。
※経緯は パート1 をご参照あれ。


お昼には売り切れ必至!

山本さんちのお向かいの小松鮮魚店でお弁当をGETし、
そのまたお向かいのマルキョー醤油でお昼休憩をすることに。

そこに、マルキョー女将 竹中佳生子さん登場!!

大正時代から須崎の食卓には欠かせないマルキョー醤油。

「蔵の屋根裏にいろいろあるがよ~!」

という女将につられて、やってきました屋根裏部屋。
箪笥をあけると、次から次へとお着物が出てきます。


キースヘリングっぽい?


女将、お似合いです!


漢文で書かれた教科書も。

「もったいない! 女将さん、着なよ~」と、着物好きの森本氏。
今でも斬新なテキスタイルの生地にシックなお着物がどっさりです。

お次は台所へ!

土佐の宴席「おきゃく」に欠かせない皿鉢や酒器があちらこちらに!

高知の皿鉢についてはこちら ⇒とさぶし5号皿鉢特集


このお皿、かわいいー。


この皿鉢は古そうですよ~


これなんか、床の間に飾っておいてもいいかも。

あき

「気に入ったのがあれば、普段から使うといいですよ」とアドバイスする臼井氏。

「そうながや~。やっぱ見る人が見ると違うがやね・・・!」と女将は感心しっぱなし!

あき

おーい、行商のおばあちゃんがきたで~


池の内から行商に来た御年92歳のおばあちゃん。


ふりかえれば、おばあちゃんと猫。平和なお大師通り。

あき

蔵から外に出ると、チャリの二台に野菜を積んだおばあちゃんと女将が立ち話。

秋晴れのいいお天気に、ふぁ~~とあくびが出てきます。
そろそろお開き?という雰囲気に流れようとしたところ、

案内人のホゲット氏は、空気を破った。

実はまだ行ってないところがありまする!!


→→→駅前のタイヤ屋さんへワープ!


シャッター絵は町の看板絵師・徳久さん作。

あき

タイヤ屋の会長さん、粋なコレクションがあるそうで、ご自宅におじゃますることに。

会長:集めだいたがは、仕事しはじめた頃やき、まあ長いで。
   毎日使う、茶碗とか杯とかやねえ。
   そば猪口はねぇ、コーヒーでも焼酎でもちょうどえいき。
   派手ながは興味ないき、藍の染めだけよ。

まちかどギャラリーのだったホゲット氏も「初めて見~た~!」と大興奮。


「やっぱり藍のががえい」と会長さん


へ~、こんな杯も

あき

と、その時、臼井氏が動いた!

「こ、これは……」






会長:こらぁ、どこで見つけたろうか。スサキと書いてあったき買うたがよ。

ホゲット:まちかどギャラリーの三浦家は庄屋さんで、主に紙を扱っていたそうながです。菱形に中の紋は三浦家の分家のものですね。

臼井:そうなんですか?! 偶然にも屋外に設置する作品を、をモチーフにして制作しているところでした!

購入時のエピソードなどを伺いながらじっくりと鑑賞する臼井氏。


臼井氏はしみじみ語りはじめた。

やっぱりこの場所だからこそ、出てくるんですよねー。

皿鉢でしたっけ、伊万里の大皿がゴロゴロ出てくるし、
昔の物の流れとか、活気が偲ばれますね。

須崎ってちょっと入り込んでみると、
手の届くところ、目に見えるところに歴史があって、発見がある。
それは、やはり「持ち続けている人」がいるからですね。

この須崎の港町の雰囲気、展示する部屋の中に取り入れてみたいですね。


<紙>の杯を写真に収め、臼井氏は制作現場に戻っていきました。

須崎のコレクターのお宝、そして残し伝えていくまなざしに触れ、どんな化学反応が起きるのか?! 
いや~、アートって素晴らしいですね~。


制作中の臼井氏。さて、どんな作品に仕上がったのでしょうか?


 

須崎アーティスト・イン・レジデンスは、いよいよ11月3日(火・祝)から展示スタート!
11月は、須崎AIRで<芸術の秋>を体感だぁー!!

アーティスト・イン・レジデンス 須崎:現代地方譚3

レジデンス:2015年10月17日(土)から11月1日(日)まで
展覧会: 2015年11月3日(火・祝)から11月29日(日)まで
開館時間: 9時00分〜17時00分 
休 館 日: 月曜日(11月23日(月・祝)は開館、翌日休)
会 場: すさきまちかどギャラリー、公文邸、JR須崎駅 ほか
主 催: 須崎市
助 成: 公益財団法人 福武財団
協 賛: 平成27年度 第65回高知県芸術祭、特定非営利活動法人 暮らすさき、キヤノン株式会社
  
ディレクター: 川鍋 達
キュレーター: 兼平彦太郎

http://machikado-gallery.jimdo.com/
www.facebook.com/airsusaki

Posted on 2015.11.02

writer:宮脇綾子

  • share
  • tweet
トップページへ