Posted on 2015.10.30

とさぶし・イン・レジデンス

須崎お宝発掘団 part 1

須崎に滞在する新進気鋭のアーティストと、須崎の町を歩いてみた。

Tag

  • あだたんNEWS
  • ライフスタイル
  • 地域
  • アート
  • クラフト
  • デザイン
  • 風景
  • share
  • tweet

そろそろ次号の取材に向けて始動しはじめた、とさぶし編集部。

「えいネタないろうか~」と考えあぐねていたところ、須崎在住の特派員、ホゲット氏から入電!!
 

「まちかどギャラリーで須崎AIRをやりゆうきに~!」


・・・AIRち、なんぜ?

 

とにもかくにも須崎に急行すると、

いつもはギャラリーであり憩いの場であるまちかどギャラリーが<制作現場>に。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

説明しよう。

アーティスト・イン・レジデンス(AIR)とは……、

作家がある特定の地域に滞在して作品を仕上げ展示するアートイベントである。日本各地で行われているが、高知県ではただ一つ、須崎市のまちかどギャラリーを舞台に繰り広げられているのであった。「現代地方譚」と銘打ち、かれこれ3年目。今年は兼平彦太郎氏をキュレーターに迎え6人のアーティストが、11月3日の展示スタートに向けて、制作公開をおこなっているのだ。

【須崎アーティストインレジデンス2015】 ⇒公式WEBサイト ⇒Facebookページ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

制作現場を見学していたところ、奥の和室で打ち合わせ中の兼平氏とアーティストの臼井氏と意気投合。

とさぶし・イン・レジデンスやっちゃう?!

と話が盛り上がり、器などの焼き物に造詣の深い臼井氏と須崎の町を歩いて町のお宝を探すことに。


臼井良平さん出発

雨戸を外して、さぁ出発!


ホゲット氏の案内のもと、アーティストの臼井良平氏、写真家の森本美絵氏と共に、須崎の町へと繰り出したのでした。


臼:あのイス、MOMAにも使われてるやつですよ。


こんな路地裏にもどんどん先導するホゲット氏


バンギをコンコン。叩く回数で人数を伝えます。

家々のあいだのこみちをテクテク歩いて、
お茶の先生、竹本先生のお宅へ。

もうすでに器や茶器をどっさり出してくれていました。


まさに、お宝鑑定団!

「これは結構古い手の伊万里ですねー、いい器」
「この蛤のお皿、かわいいー」

わかる人の訪問に、「これも見てみてー」と、
尾土焼きや竹本先生が慕う小椋先生の作品がどんどん出てきます。

先生のお気に入りは、秋草と秋の虫が描かれた茶器の棗(なつめ)。


金つぎして大事に使っているお皿


かわいい絵柄の蛤のお皿


繊細な秋草をまとった棗。蓋をあけると虫の絵が出てきます。

あき


わ、この襖絵もいい感じですね~と興味深々の臼井氏と森本氏。


年月を重ねていい色になっています


欄間もシックでステキ。喉かな海辺の風景が絵柄れています。

あき

お次は、お大師通りの山本さんちへ。

あき


実は空手の先生でもある山本さん。押忍!


ヤンボー、マンボー、天気予報~!

道に面したガラス窓から、なにやら昭和のおもちゃが並んでいますよ。
お大師通りを歩く人に楽しんでもらおうと、もともと酒屋だった店舗に山本さんのコレクションを展示しているのだとか。

ガラスの作品をつくる臼井氏は、昭和の匂い漂う、かき氷用のガラスの器を発見!


こんな器でかき氷食べてみたい~。


なんともいえぬ、おかめと顏。


この千鳥のヘタウマ感、たまりません!

山本さんのコレクションは器だけにとどまらず、巻き絵や屏風絵に、陶磁器の人形やお菓子の型まで。

「僕はどっさり人がおるがが好きながよ。にぎやかでえいやか」


百座頭の巻絵。作者は佐藤(笑)


この顏!京都の古物市で買ったものとか


韓国のお菓子の型も!さくらももこの絵柄にも通じると臼井氏。

「骨董をやる人を、一時預かりというがよね。後世に伝えていくために」と山本さん。

少し歩いただけで、まー出てくる、出てくる、須崎のお宝!

しかし、このあと一行は、案内人ホゲット氏も知らないコレクションに出あうのである。

・・・パート2へ続く。

待てない方は、ホゲット氏のblogを見るべし⇒


 

須崎アーティスト・イン・レジデンスは、11月1日(日)まで公開制作中!
週末は、須崎AIRで<芸術の秋>を体感だぁー!!

アーティスト・イン・レジデンス 須崎:現代地方譚3

レジデンス:2015年10月17日(土)から11月1日(日)まで
展覧会: 2015年11月3日(火・祝)から11月29日(日)まで
開館時間: 9時00分〜17時00分 
休 館 日: 月曜日(11月23日(月・祝)は開館、翌日休)
会 場: すさきまちかどギャラリー、公文邸、JR須崎駅 ほか
主 催: 須崎市
助 成: 公益財団法人 福武財団
協 賛: 平成27年度 第65回高知県芸術祭、特定非営利活動法人 暮らすさき、キヤノン株式会社
  
ディレクター: 川鍋 達
キュレーター: 兼平彦太郎

http://machikado-gallery.jimdo.com/
www.facebook.com/airsusaki

Posted on 2015.10.30

writer:宮脇綾子

  • share
  • tweet
トップページへ